智頭町複業協同組合とは

地域の人事部として、
あたらしい働き方を創り、
林業を変え、
暮らしを前に進める。

智頭町複業協同組合

私たち智頭町複業協同組合は、
地域の人事部として、中山間地域の未解決の課題に対して
持続可能な新しい働き方や暮らしを智頭町発で創り、全国へ発信します。

複業・副業人材、地域住民、行政と連携しながら、
林業をはじめとした智頭町の伝統ある豊かな資源の再開発を行うことで
ビジネスを発展させ、全国に先駆けて地域課題を解決する
新規ビジネス開発の共創モデルの構築を目指します。

事業内容

特定地域づくり事業協同組合制度を利用し、2021年4月に設立。
地域面積の93%が森林の鳥取県八頭郡智頭町で、
林業を軸に担い人手不足の解消や雇用創出など地域の課題解決を目指します。
「マルチフォレスター」という、林業の新しい働き方を創り、
マネジメントと育成、派遣をメイン事業とし智頭町を中心とした
中山間地域の課題解決を推進しています。

『マルチフォレスター』の魅力

[林業マルチワーカー]という新たな職種をつくり、
林業に関わる個人の選択肢を広げます。

多様なキャリアパス
(職業選択肢)の提供
  • 「半林半X(エックス)」を体現して、林業マルチワーカー
  • 地域の林業事業体〜就職し、専業の林業家
  • マルチワーク・専業ともに、自身で林業家として独立
魅力的な雇用条件
&
制度による支援
  • 智頭町独自の林業マルチワーカー支援制度
    (「緑の雇用」と同程度の支援)
  • 特定地域づくり事業の制度を生かした就業メリット
    (安定雇用/林業以外も可/就業期間に縛りなし)
  • 年間変形労働制の採用によるメリハリのついた働き方
    (冬季の休暇日は多いが給与は変化なし)
育成の仕組み・
林業家コミュニティ
  • 林業事業者が、林業マルチワーカーの勤務、
    育成状況を共有
    ・相談してシフト決め
  • 林業家コミュニティでの勉強会など交流・学習環境も充実
  • 林業講習の町内開催による林業就業者への資格取得支援や効率化

働き方イメージ

様々な事業者を横断して、チームで地域産業を支えています。
・林業事業者では、木材搬送や材木造材を行います。
・週末は地元飲食店にて、配膳などの仕事に従事します。

智頭町複業協同組合 働き方イメージ