智頭町とは

智頭町は、岡山県北部と鳥取県東部に隣接し、地域面積の93%が森林の町。

古くは、参勤交代の宿場町や林業の町として栄え、現在は宿場町の中心にある石谷家住宅を中心に観光地としても注目を集めています。

森林セラピーなどのアクティビティも行われており、森林が生み出す清らかな伏流水は、食文化や酒作り、農業にも活かされています。

智頭町は、山と人が森を介し繋がり、日常の中には、昔から伝わる生活の知恵が受け継がれ、人々は自然と共に生きています。智頭町は、森が育む「人の暮らし」を実感できる場所です。

智頭町複業協同組合
智頭町複業協同組合
智頭町複業協同組合

智頭町複業協同組合の働き方

マルチフォレスターとは
ー林業の新しい働き方ー

複数の林業事業者にて間伐、運搬などに携わります。林業を中心としながら、飲食業や木工用品加工業など様々な業種にも従事でき、多様なキャリアパスが臨めます。

智頭林業には「半林半X」の考え方が浸透しています。自分の得意や好きなことに挑戦しながら、自然を守る林業家たちと共に新しい林業の形を創造します。

智頭町複業協同組合
智頭町複業協同組合